楽天/ビックカメラと新会社/家電特化の独自サービス開発

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 楽天は12月19日、家電量販店大手のビックカメラと家電販売を行う新会社を設立すると発表した。18年初頭に新会社を設立し、同年4月からサービスを開始する。大型家電の設置や当日配送、独自商品の開発など、家電に特化した利便性の高い独自のサービスを開発し、顧客獲得を進める。
 新会社はビックカメラが楽天市場内で運営する「ビックカメラ楽天市場店」の運営を引き継ぎ、新サービス「楽天ビック」を展開する。楽天の出店者が店舗運営に活用するRMS(店舗運営システム)ではなく、独自システムによる家電に特化したUI(ユーザーインターフェイス)を開発する。新会社の設立日や出資比率は協議中だという。
 「大型家電の設置や購入後のメンテナンス、配送など、オンラインで購入する際の不安を解消できるサービスを目指す。その一方でビックカメラの店舗在庫を確認できたり、オンラインで買った商品を店頭で受け取れたりする連携も行う」(楽天・広報)と話す。
 ビックカメラの実店舗で楽天スーパーポイントをためたり、利用したりできるサービスも開始する。独自開発した商品をネットとリアルで販売する計画もある。
 楽天は子会社のRakuten Direct(本社福岡県、小森紀昭社長)を通して、日用品分野の直販事業を強化している。今回、家電分野においてビックカメラとの提携による直販事業を推進する。一部の商材やサービスについては、今後も直販化を進めていく可能性が高い。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ