スタートトゥデイ/PBで究極フィット感/無料配布の採寸スーツで実現

 スタートトゥデイは11月22日、プライベートブランド(PB=自主企画)商品を発表した。全身の体型データを瞬時に採寸できるスーツを活用し、「究極のフィット感」を実現する。ユーザーのサイズ選びの悩みを解消し、ネット通販の新たな〝常識〟を作りたい考えだ。
 PB商品のブランド名は「ZOZO(ゾゾ)」。同日発表した「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を活用することで、ユーザーの体型に合ったPB商品を購入できるようにする。
 「ゾゾスーツ」は、装着後に「ゾゾタウン」のスマホアプリと連携することにより、スーツに内蔵したセンサーで体型データを収集、採寸データを把握できるという。出資先であるニュージーランドのソフトセンサー会社と共同開発した。
 ファッションECモール「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」で、無料配布の申し込み受け付けを開始した。前澤友作社長は「街頭やコラボレーション企業経由などで、世界中に無料で配りまくる。体重計や体温計のように一家に一台の存在にする」と意気込む。
 ただ、11月末から配布の予定だったが、「(ゾゾスーツは)想定数を大きく上回る予約をいただいており、生産拡大が急務」(前澤社長)と配布が遅れている現状を伝えた。PB商品の発売も予定より遅れる見込みだという。
 PB商品の詳細は、「ゾゾスーツ」を活用すること以外は明らかにしていない。前澤社長は以前、「誰でも持っているようなベーシックな商品で、品質と価格のバランスは世界でも最高水準となる」とPB商品について話していた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ