デファクトスタンダード/30年までに廃棄ゼロ/「ブランディア」でSDGs推進

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ブランディア吉祥寺店」の内装にリサイクルボードを使用

 ブランド品の買い取り販売サービス「ブランディア」を運営するデファクトスタンダード(本社東京都、仙頭健一社長)は6月30日、30年までに「廃棄ゼロ」を目指す方針を発表した。SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを強化し、サービスの信頼性向上につなげたい考えだ。


続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ