DHLジャパン/越境EC貨物4割増/EC利用拡大など追い風

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

自社機で貨物を運搬

 国際輸送のDHLジャパン(本社東京都、トニー・カーン社長、(電)03―5479―2502)は、20年に運搬した越境ECの貨物が、前年比で約40%増になった。コロナ禍でECの利用が拡大し、荷物の受け取りやすさなどの強みが受注拡大につながった。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ