ピーチ・ジョン 19年4―12月期/営業利益1.6億円/販管費削減などで黒字転換

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ワコールが1月31日に発表した19年4―12月期(第3四半期)の連結業績によると、ピーチ・ジョン事業の営業利益は1億6800万円だった。前年同期の2900万円の損失から黒字転換した。販管費の見直しによるコスト削減を図った。前年はオフィス移転費用が発生していた。
 同事業の売上高は同1.8%減の78億6500万円だった。不採算店の一部撤退を実施した国内店舗事業は、定番商品が堅調に推移。さらに、冬のセールが好調に推移し、国内の店舗事業は増収となった。
 通販売り上げも前年同期から減収となった。事業効率の改善を目的に、カタログ発刊を冬号から休止したことなどが響いた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ