楽天/持続可能な消費を提案/国際認証取得商品を紹介

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

写真左から慶應義塾大学大学院の蟹江憲史教授、楽天の小林正忠常務執行役員兼チーフ・ピープル・オフィサー(CPO)、一般社団法人エシカル協会の末吉里花代表理事

 楽天は11月29日、楽天市場内に持続可能(サステナブル)な消費を提案する販売サイトを開設した。環境配慮や生産などに関する国際認証を取得した商品を紹介。「未来を変える買い物を。」というスローガンのもと、「ショッピングを楽しむと同時にサステナブルな買い物をする」という文化の醸成を目指す。
 「EARTH MALL with Rakuten(アースモール・ウィズ・ラクテン)」では、楽天市場に出品されている国際認証を取得した商品を販売している。楽天と持続可能な社会の実現を目指すプロジェクト「アースモール」との共同企画となっている。
 対象の国際認証は、「FSC認証(必要な分だけ切られた木材で造られた製品)」「MSC認証(海の資源や環境に配慮し収穫された水産物)」「ASC認証(責任ある養殖によって生産された水産資源)」「RSPO認証(持続的なパーム油を生産するための社会的要件に沿った製品)」「国際フェアトレード認証(国際フェアトレードラベル機構が定めた基準が守られている製品)」「GOTS認証(オーガニック繊維製品の国際認証)」の六つ。
 アドバイザーには、慶應義塾大学大学院の蟹江憲史教授が就任。エシカル協会の末吉里花代表理事などがキュレーターとして商品を紹介するコンテンツを用意している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ