消費者庁/痩身サプリが景表法違反/ハーブ健康本舗に措置命令

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 消費者庁は9月19日、ウェブサイト上で「食べたこと、なかったコトに!?」などと宣伝し、白インゲン豆抽出物を原料とした健康食品「カロピタスリム オールクリア」を販売していたハーブ健康本舗(本社福岡県、永松靖浩社長)に対し、痩身効果を裏付ける合理的な根拠が認められないとして、景品表示法違反(優良誤認)を認定し、再発防止などを求める措置命令を行った。
 同社は12年11月から、今年1月まで「食べたこと、なかったコトに!?」「3大パワーでオールクリア!『あまい』も『こってり』も『どっしり』もまとめてカロピタ!」などと記載し、カロピタスリムを摂取するだけで、特段の運動や食事制限をせずに著しい痩身効果が得られるかのような表示を行っていた。

(続きは本紙10月16日・23日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ