楽天グループ 21年1―3月期/国内EC流通22%増/日本郵政と組み、数百億円の利点

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

三木谷浩史社長が事業戦略を語る

 楽天グループ(楽天)の21年1―3月期(第1四半期)の国内EC流通総額は、前年同期比22.4%増の1兆1220億円になった。物販ECを中心としたショッピングEC流通総額は、同33.9%増と大幅に拡大している。三木谷浩史社長は、「日本郵政グループと組むことで将来的に数百億円単位のコストメリットがある」と語った。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ