【スカイクリスタル 木村好男社長】水素・酸素混合ガス発生装置「クリスタルシャイン」の販売好調/ビジネス通し「しあわせな成功者」輩出を

 健康食品や化粧品を商材にネットワークビジネス(NB)を展開するスカイクリスタル(本社大阪府、木村好男社長)は2016年5月期の売上高が前期比32%増を記録した。昨年4月に発売した水素・酸素混合ガス発生装置「Crystal Shine(クリスタルシャイン)」の販売が好調だったという。バランスのよい成長を志向していくという同社の木村社長に話を聞いた。

 ーーー16年5月期業績について聞きたい。
 木村 前期比で32%の増収となった。水素・酸素混合ガス発生装置「クリスタルシャイン」の売り上げが16年4~5月の月商にオンした影響が大きかった。
 ーーーどのような商品か。
 木村 努力することなく水素と酸素を吸入できる機械だ。1分吸うだけで2リットルの水素水と同量の水素を得ることができる。利用者には、さまざまな体験・体感が生まれており、口コミで商品のよさが伝わっている。16年4~5月は、消耗品の組織「快適倶楽部」から組織を平行展開できる期間と位置付けていたため、特に売り上げが伸びた。当社の会員には、耐久財の販売を得意とするものも少なからずいるため、その後もコンスタントに売れている。

(続きは、「日本流通産業新聞」1月19日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ