【特集 盛り上がるクラウドECシステム】ecbeing参入で普及へ

 パッケージ型ECサイト構築システム最大手のecbeingが2月、「ecbeing SaaS(イーシービーイング サース)」の本格提供を開始したことで、クラウドECシステムの注目度が増している。インターファクトリーが10年1月、「ebisumart(エビスマート)」の提供を開始してから、国内でも中堅・大手企業を中心にクラウドECシステムを導入するケースが増えていた。主要4サービスの累計で構築サイト数は約700(図参照)となり、今後さらに普及する可能性は高い。


■カスタマイズにも対応

 クラウドECシステム(クラウド)は、中堅・大手企業の多くが導入しているECサイト構築パッケージとは異なり、ネット経由でシステムを活用する仕組み。パッケージは、導入企業の要望に応じてフルカスタマイズできる点が強みだが、導入時の標準機能をベースに開発するため、次第にシステムが古くなってしまう「陳腐化」という課題があった。
 一方、クラウドはベースのシステムがバージョンアップすると導入企業は更新された最新機能をすぐに活用できる。EC市場では新たなサービスが次々登場するため、クラウドを導入して最新のサービスに対応したいというニーズが高まっていた。
 ネット経由で利用するシステムというとカートASPもある。ただ、カートASPは安価に導入できる一方、基本的にカスタマイズには対応していない。クラウドはパッケージほどの作り込みはできないもののカスタマイズに対応している。

■最適な提案で差別化 

 先行するエビスマートや「Commerce Cloud(コマースクラウド)」を提供するセールスフォース・ドットコムは、クラウド専業のベンダーとしてECサイト構築実績を積み重ねている。
 一方、新規参入したecbeingや11年からクラウドを提供しているw2ソリューションは、パッケージとクラウドを両方提供できる点が強みとなっている。

(続きは、「日本流通産業新聞」4月20日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ