【訪販支援 特集】ライフティ/訪販企業に分割払いを提案/タブレットで決済が可能

 決済支援サービスを提供するライフティ(本社東京都、馬場智社長、(電)03―6732―1450)は、ウェブ完結型の分割払い(ショッピングクレジット)のサービスを提案する。営業マンは、タブレット端末を活用する。紙ベースの申し込み書面が必要ないことが最大の特徴だ。
 ブランド品や楽器などの高額な趣味用品を販売するネット通販企業をはじめ、学習教材やオール電化といった家庭訪販、家庭教師派遣付き学習教材販売、エステサロンなどの特定継続的役務にも対応する。訪販企業をターゲットに需要の掘り起こしを推し進める。
 サービス名は「WEぶんかつ」。ネット通販やエステサロンなどを中心に着実に導入実績を増やしているという。
 従来のような紙ベースの申し込み書面は必要なく、タブレット端末を利用して申し込みを行う。
 専用の申し込みフォームに必要事項を入力するように業務フローを電子化した。
 これまで書類などで取り交わしていた契約業務をペーパーレス化することで、業務の効率化が図れるだけでなく、セキュリティー向上も実現していく。
 ユーザーがウェブで申し込み情報を入力するとライフティに申し込み通知が送られる。与信を確認した後、ライフティがユーザーに電話で確認するという流れだ。
 口座振替手続きも紙は使わず、銀行の届出印も不要。決済金額の上限も比較的大きいため、高額商品の販売機会につなげることが可能となる。
 商品購入者から主な手数料を徴収する。「購入者への手数料は業界水準と同等に設定にしている」(同社)としている。土日も営業しており、与信のスピードが早いことも強みとしている。
 最近では、高額な浄水器のドアツードア企業への導入も始めた。
 分割決済だけではなく、収納代行も受けている。例えば、SIMカードを販売している携帯電話販売店が顧客と割賦販売の契約をする際に、その後の利用料金の回収も担うこともできるようにした。
 そのほか、ウォーターサーバーの利用料金や結婚相談所の入会金の分割決済に対するニーズも増えているという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ