《NEWSここが知りたい》鍵は「小売りに基づく報酬システム」/外資系NB記号の動向に注視必要/米国ハーバライフとFTCの和解問題

ネットワークビジネス(NB)業界において、16年夏に大きな話題となったのが、米国における「FTCとハーバライフの和解」事案だ。本件は16年7月15日に、ハーバライフ(本社米国カリフォルニア州、マイケル・O・ジョンソン会長兼CEO)とその関連会社2社がFTC(米国連邦取引委員会、本部米国ワシントンDC、エディス・ラミレス委員長)に2億ドル(約200億円)を支払うことで和解するということで決着がついた。訴訟の経緯や詳細な和解内容、国内のNB業界における影響についてQ&A方式で開設する。

(続きは、「日本流通産業新聞」1月1日号で)


■掲載内容
・<DSAのカンファレンス>FTC エディス・ラミレス委員長講演要旨
・「純粋な消費者による売り上げ」/外資系NB企業の関心と焦点は

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ