オンテックス/救急講習器材を寄贈/消防署の救命講習で使用も

贈呈式で感謝状を受け取る小笹会長(左から3番目)

 外壁塗装を手掛けるオンテックス(本社大阪府、小笹公也会長)は8月21日、大阪府・貝塚市に救急講習器材の寄贈を行った。器材は消防署の救命講習で使用される。
 同社は貝塚市役所で、AEDや練習用の人形などの贈呈式を行った。式典には、藤原龍男・貝塚市長や、オンテックスの小笹公也会長兼CEOが参加した。同社は貝塚市内で温浴施設を運営している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ