コメ兵/タブレットPOS導入/オムニチャネル推進へ

実店舗に導入したタブレットPOS

 コメ兵は8月、実店舗にタブレットPOSの導入を開始した。順次、導入を進め、全国にある33店舗に設置する計画だ。リアルとネットで多様な決済手段や共有ポイントサービスに対応している。ECサイトと連動しやすいタブレットPOSを導入することで、オムニチャネルをさらに推し進めたい考えだ。
 タブレットPOSを導入することでレジ機能の省スペース化を図る。実店舗では現金や商品券、クレジットカード以外にスマホ決済サービスなどの決済手段に対応している。タブレットPOSで多様な決済に一括で対応できるようにすることで、迅速な接客を実現する。17年4月に対応を開始した「楽天ポイント」の処理もできるようにした。
 店頭でECサイトの在庫も案内し、店頭取り寄せや宅配での販売も提案している。タブレットPOSを使って、接客しながら商品を案内し、購入手続きまでスムーズに行うことができるという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ