ヤフー×メルカリ/共同で協議会を設立/ECの課題、議論の場に

 ヤフーとメルカリは8月25日、EC業界の課題を事業者間で共有・協議する場として、「EC事業者協議会」を設立した。今後は、具体的な課題をテーマにした協議会を随時開催し、その都度、テーマに関係する事業者に参加を呼び掛けていく。
 「EC事業者協議会」は、ヤフーが幹事を、メルカリが副幹事を務める。会員制は取らず、協議会開催のたびに決めるテーマに応じて、関係事業者に参加を呼び掛ける。
 クレジットカードの現金化や、不当な表示など、EC業界の課題を議論すべく協議会は立ち上げられた。EC事業者が個々に対応しても、トラブルが他社に飛び火して根本解決につながらないという問題意識が、協議会設立の背景にあるという。
 8月25日に行われた第1回協議会には、ヤフーとメルカリに加えて消費者庁と総務省、経済産業省も参加。今後も協議会のテーマに応じて、関連省庁が参加するという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ