カタログハウス/盛夏号を大幅拡充/よそで買えない商品特集

「よそでは買えない」商品だけを特集した「通販生活」

 カタログハウス(本社東京都、高遠裕之社長)は今期、通販雑誌盛夏号の内容を大幅に拡充した。商品紹介ページを昨年よりほぼ倍増したとともに、よそでは買えない商品だけを掲載した。年間を通じて暑い日が増え、夏物商品に対する受注期間が以前より長くなっているため需要が見込めると判断。昨年発行した定番商品カタログを今期は発行しないため、定番商品カタログの売り上げを補う狙いもある。
 「通販生活」盛夏号は7月3日から配布を開始した。判型はA4変形判で268ページ。他社では購入できないオリジナル仕様の商品だけを掲載したのが特徴だ。
 今夏の新作商品として6商品を紹介している。調理器具を輸入・販売するビタクラフトの「グリルイングリル」は、ガスレンジの魚焼きコンロで調理ができるグリルパン。食材を入れてふたをし、蒸し焼きにする調理器具だ。価格は7000円(税別)。

(続きは、「日本流通産業新聞」7月13日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ