JALUX17年3月期/通販売上は8%減/通販カタログの低迷で

 JALUXの17年3月期通販事業の売上高は、前期比8%減の33億円だった。通販カタログの売り上げが低迷した。中間期(16年4―9月期)の売上高が前年同期比19%減だったEC売上高は、メルマガによる販促やWEB広告の強化で、通期ではほぼ前期比横ばいの11億円となった。
 17年3月期のEC売上高のうち、モバイル経由の売上比率は34%で前期比3ポイント増加した。通販カタログの一部ページにECサイトのQRコードや「WEB掲載商品」のロゴを掲載し、ECサイトに顧客を誘導した。
 商品では日本航空の客室乗務員が企画した財布「一目瞭然ウォレット」やバッグ、縫いぐるみなどオリジナル商品に人気が集まった。ECの取扱商品ではワインの品ぞろえを強化。ワインの売上高は前期比27%伸長した。

(続きは、「日本流通産業新聞」7月13日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ