ペレ・グレイス/美容液「マヒナ」リニューアル/「果汁発酵エキス P358」を配合

あいさつする佐藤知己社長

 ペレ・グレイス(本社東京都、佐藤知己社長)は17年2月1日に主力の美容液「ペレズセラムマヒナ」をリニューアル発売する。リニューアルは創業から4回目。12月1日に都内で「社長講演会・マヒナリニューアル発表会」を開催、全国から700人が参加した。
 リニューアルする新商品「セラムマヒナ」は、原料メーカーの一丸ファルコス(本社岐阜県)と共同開発した「果汁発酵美容エキス P358」を配合している。
 素材は、イタリア産のシャルドネ果汁発酵エキスや青森県産のリンゴ果汁発酵エキスで構成。2つの果汁はセラムマヒナと相性が良く、うるおい効果を高めるという。また、リンゴとシャルドネの力を引き出す発酵技術を採用した。
 水を1滴も含まないという100%美容成分で、配合する原料すべてが国内の化粧品原料メーカーの基準をクリアしているという。

(続きは、「日本流通産業新聞」12月15日・22日合併号)

全国から700人が参加した会場の様子

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ