【売り上げアップしました】GBFT/ECモールのみで年商27億円に

 家電を中心にECサイトを運営するGBFT(本社大阪府、松本尚也社長)は14年9月に事業を開始し、17年8月期の売上高は前年から1.4倍の27億円となる見通しだ。家電に加え、美容雑貨やDIY製品といったラインアップを増やしているほか、独自の受注管理システムを導入することで業容を拡大している。
 自社サイトを持たずに、アマゾン、楽天、ヤフー、ポンパレ、ワウマの計五つのモールへ出店している。16年8月期の売上高は19億円、今期は27億円となる見通しだ。
 アマゾンの売り上げが最も多く、次いで楽天、ヤフーの順番だ。アマゾンは、アマゾンの物流代行サービス「フルフィルメント・by・Amazon(FBA)」を活用している。自社独自の受注管理システムを構築し、アマゾンの在庫から、楽天やヤフー経由で注文があった場合も対応できるようにしている。アマゾンの配送スピードと、顧客への安心感が受注につながっている。アマゾン以外の物流については本社近くに倉庫を借りて対応している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」4月20日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

アップしました 連載記事
List

Page Topへ