ワウマ/モールアプリ刷新/表示スピードを大幅改善

 KDDIコマースフォワード(KCF、本社東京都、八津川博史社長)は9月4日、ECショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」のアプリを刷新した。表示スピードを大幅に改善するなど操作性を高めたのが特徴。アプリの使い勝手向上により、「ワウマ」の流通総額を高めたい考えだ。
 新たな「ワウマ」アプリは、説明が不要な分かりやすさと快適な操作を実現した。見やすさ・探しやすさ・買いやすさといった基本性能を高め、使い勝手の向上を図った。
 通信を介さず、端末内部で演算処理を行うネイティブアプリにすることで、表示スピードが大幅に改善。開発過程でパイロット版アプリの改善要望を反映させるなど、操作面の分かりやすさを実現した。
 検索機能も高めた。商品検索時に条件を変更すると、リアルタイムで該当商品を表示。さらに、商品価格がスライダーで設定できるようにして、商品を探しやすくした。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ