イーコマース事業協会/第9回ネットショップグランプリ/「澤井珈琲」がグランプリ/充実したコンテンツを高評価

 一般社団法人イーコマース事業協会(エビス、事務局大阪府、岡本泰輔会長)は4月8日、設立15周年の記念イベント「ネットショップカンファレンス」を開催した。イベントでは、優れたECサイトを表彰する「第9回全国ネットショップグランプリ」を発表。澤井珈琲(本社鳥取県、澤井幹雄社長)が運営するECサイト「澤井珈琲Beans&Leaf」がグランプリに選ばれた。コンテンツの充実度などを高く評価した。


 「第9回全国ネットショップグランプリ」は、自薦や他薦でノミネートされた179ショップの中から優秀なサイトを表彰した。
 グランプリに1サイト、準グランプリに2サイトを選出し、大阪府などが特別賞に2サイトを選出した(=図表参照)。(1)アイデアのユニークさ(2)ユーザーへの情報提供の適切さ(3)サイトデザイン(4)操作性ーーーの4項目を評価した。
 大賞となった「澤井珈琲Beans&Leaf」についてエビスの添田優作理事長は、「気が付いたらサイトを読み進めてしまう作りになっている点を高く評価した。モールでの受賞歴がサイト内にちりばめられており、ユーザーも安心して利用できる」と選出理由を述べた。
 登壇した澤井珈琲の澤井聡経営企画室長は「当社は鳥取県境港市に本社を構えており、『陸の孤島』といわれることもある。そのような状況で生き残りを図るためにEC事業に注力しており、これまで一生懸命取り組んできたことを評価してもらい、大変うれしく思っている」とコメントした。
 エビスの添田理事長は今回のグランプリについて「回を重ねるごとに、応募ショップのレベルが上がってきている。審査員にはショップを運営していないデザイナーやメディアも参加しているが、ショップ運営者と評価ポイントで共通点が多かった。専門店でありながらユーザーが買い物しやすく、参考にできる点が多かった」と総評を述べた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ