Eストアー/ビットコイン決済導入/EC構築システム初の試み

 Eストアーは7月1日、ネットショップ構築システム「ショップサーブ」にビットコイン決済を導入する。フィスコ・コイン(本社大阪府、越智直樹社長)とシステム開発のSJIとの業務提携により実現。ネットショップ構築システムでは初の試みだという。
 ビットコインはネット上で取引される仮想通貨の代表格。「ショップサーブ」はクレジットカード決済やコンビニ決済、電子決済、ID決済などに加え、ビットコイン決済にも標準対応する。
 個別契約は不要で、すべての導入店舗でビットコインが利用できるようになる。
 Eストアーの石村賢一社長は「ビットコインはより一般化し、市民権を得る」と考えている。今後普及が見込まれるビットコイン決済に対応することにより、導入店舗の売り上げ拡大に貢献したい考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ