《業務効率化 特集》

 売り上げ拡大にバックヤードが追い付かないのは、EC企業にとって「成長痛」のようなものだ。しかし、受注部門は、競争激しいEC業界で、サービスを差別化できる分野でもある。サービス向上のためにも、日常業務の効率化が求められている。

■掲載企業
・関通
・ザカモア!
・ゴールドフラッグ

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月13日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ