オンワードHD17年2月期/国内外EC売上150億円/実店舗でも使える会員制度160万人

 オンワードホールディングス(HD)の17年2月期における国内外のEC売上高は、前期比25.9%増の150億2100万円だった。期初計画の150億円を達成した。前期は国内の会員制度「オンワードメンバーズ」を、ECサイト「オンワード・クローゼット」と実店舗で統合し、合計会員数が160万人に拡大。百貨店などの実店舗の売上高は国内外合計で同10.1%減と苦戦を強いられる中、ECの伸長が全体の収益性の改善に貢献した。
 EC売上高の内訳は、国内が前期比22.8%増の139億4000万円、海外が同86.4%増の10億8100万円となっている。
 国内ECでは前期、厳選した食品を販売する通販サイト「オンワード・マルシェ」を開設。海外ECは欧州において「ジョゼフ」をモールに出店させ、「ジョゼフ」の欧州EC売り上げは138%増を達成。中国では大手ECサイト「天猫(Tモール)」で「23区」「ローズブリット」の販売を開始した。
 今期の国内外を合わせたEC売上高は同39.8%増の210億円、「オンワードメンバーズ」の会員数は同31.3%増の210万人を計画している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ