環境省/宅配ロッカーに補助金/オープン型の設置事業者に

環境省は1月16日、どの物流会社でも利用できる「オープン型宅配ロッカー」を設置した事業者に補助金を交付する事業を始めた。同事業のため17年度の予算に5億円を計上。オープン型ロッカーを普及することで、物流会社による荷物の再配達やCO2排出量の削減を推進する。
 交付対象事業者は物流事業者やロッカー設置者、ロッカー管理者など。駅やコンビニエンスストア、オフィス、マンションなどの施設に、オープン型宅配ロッカーを設置する事業者を公募する。
 公募期間は1月16日から2月22日までで、設置費用の半額を交付する。

(続きは「日本ネット経済新聞」1月26日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ